安心できる建物を作るためには地盤調査が大事|安全確保

重機

建てる前にまず考えること

メンズ

家を建てる時にはどのような家を建てるかということに目を奪われがちですが、その家を支える土地、つまり地盤が安全かどうかをきちんと地盤調査によって見極めることがとにかく重要です。家を建てた後に地盤に関心を持っても遅すぎるのです。

詳しく見る

住宅を建設する費用

工事

新築住宅を建てる際には、住宅を建設する土地の地質調査を行わなければなりません。地質調査の結果によっては、高額な地盤改良費用が必要となる場合があるので、そのための費用を予算に組み込んでおく必要があるのです。それほど深くない地層の改良でしたら、それほど高額な費用は掛からないことがほとんどです。

詳しく見る

住宅を建てる際の重要調査

工事現場

安定した地盤に家を建てる

家を建てる際に必ず必要な調査として地盤調査がありますが、様々な方法によって行われる為どの調査が何の為の調査なのかを知る事が必用です。住宅の基礎がしっかりしていても、また建築物の構造がどんなに頑丈でも地盤がしっかりしていないと傾いてしまう原因になります。地盤調査を行った結果を元にして、土の強度を高める為の地盤改良を行ったり基礎の形を決めたりする事が必用になってきます。木造住宅で良く行われるスウェーデン式サウンディング調査は、深さ10mまでの強度を測る事が出来る方法であり、狭いスペースでの測定が可能です。ボーリング調査は基本的な地盤調査でありRCの建物を建てる際に使用される事が多く、砂質土なのか粘性土なのかを調べるのに適しています。

調査の結果から改良する

地盤調査のポイントとして、5か所以上の場所で測定する事が望ましく、建物を建てる四隅と建物の中心となる部分で測定します。地盤調査を行う際には、建物の形とどの場所に建てるのかを決めておく事が大前提となり荷重のかかる場所を特定させる事が必用になります。地盤調査の結果に納得がいかない時には、第三者機関に依頼して地質データを解析してもらう方法もあり適正かどうかを知る事も出来ます。地盤調査を行ってしっかりとした強度があるのであれば、そのまま住宅を建てる事が出来ますが、強度が基準値に満たない場合は改良する事が必用です。地盤改良にも様々な方法があり、それぞれの特長や費用が異なるので、その土地に適した地盤改良の方法を選択する事が必用です。

実際の荷重をかけての調査

女の人

平板載荷試験は実際に目的とする深度の支持力を直接求めることができる。その他、試験の際に必要とされるスペースが小さいこともメリットの一つである。また近年では一般住宅の建設及び基礎工法選択のための事前調査として平板載荷試験が採用される場合がある。

詳しく見る