住宅を建設する費用|安心できる建物を作るためには地盤調査が大事|安全確保

安心できる建物を作るためには地盤調査が大事|安全確保

メンズ

住宅を建設する費用

工事

住宅の建設費以外の費用

新築住宅を建てるには、様々な費用が必要となります。住宅を建設する様々な費用はもちろんのこと、地質調査の結果によっては「地盤改良費」が必要となることがあります。地質調査を行うと、建設予定地の地盤が非常に軟弱な場合があり、その時は様々な方法で強固な地盤へと改良工事を行わなければなりません。人気のある工事方法には、建設予定地の地盤を掘り起こし、そこへ砂利や砕石などを投入して地盤の強度を高めるという方法があります。この方法は工事の難易度が低く、材料費や施工費などが低く抑えられるため、それほど費用を掛けないで地盤改良ができるのです。しかし、この方法はある程度浅めの軟弱地盤に行える方法のため、とても深い部分の地盤改良が必要な場合には他の方法で対処する必要があります。

深層部の地盤改良

地質調査の結果で、非常に奥深い部分の地盤の状態が悪いとなった場合、特殊な方法での地盤改良工事が必要となります。その方法には、非常に奥深い部分まで掘り進むことのできる特殊なスクリュードリルで、固い地盤にぶつかるまで穴を掘っていきます。その穴に強度が非常に高い鋼管や鉄杭を打ち、その鋼管や鉄杭などで住宅を支えるという手法があります。このような手法で地盤改良工事を行うと、場合によっては百万円以上もの費用が発生する場合があるのです。そのため、住宅を建てる際には、地質調査の結果によっては、予期せぬ地盤改良費用が発生してしまうこともあるということを頭に入れておいた方がよいでしょう。地質調査は、土地を購入した後でないと調査を行えないので、万が一のために地盤改良費用を予算に組み込んでおくとよいでしょう。