実際の荷重をかけての調査|安心できる建物を作るためには地盤調査が大事|安全確保

安心できる建物を作るためには地盤調査が大事|安全確保

メンズ

実際の荷重をかけての調査

女の人

調査目的

平板載荷試験は目的の深度における地盤に必要な荷重をかけ、その荷重に地盤が耐えられるかどうかを調べる試験である。一般的には建物の基礎を設置する深度において、建物の基礎を含めた荷重をかけて、地盤の沈下量を調べる。また、道路建設の際にもその道路を通る車の荷重を地面にかけ、沈下量を測定する場合がある。平板載荷試験のメリットとしては、実際に基礎が設置される深度の支持力を調べることが出来る点である。地盤の支持力を調べる地盤調査としては他にもサウンディング試験などが挙げられるが、これらは試験を実施する位置の1点のみにおける支持力を調べるものであるため、試験地点以外の敷地については間接的に支持力を求めることとなる。

調査方法

平板載荷試験の調査は、まずは実際に基礎を設置する敷地まで掘削し、掘削面を平坦に仕上げてから、その掘削面に載荷板を設置する。その上から油圧ジャッキを用いて計測器を設置し、上から重機やトラックなどの実荷重を加える。そして載荷重と時間の関係を記録し、地盤の支持力を求める。また、平板載荷試験のメリットは実際に荷重がかかる深度での支持力を求められる他、試験に使用するスペースが小さくてすむこともメリットの一つである。近年では一般住宅における基礎工法選定のための事前調査として、地盤調査が義務づけられている。その調査としてはスウェーデン式サウンディング試験が一般的であるが、平面的に支持力が求められる平板載荷試験が採用されることもある。